【集客に悩む保育園関係者必見!】園児が集まらないときは集客イベントがおすすめ!園児を集める方法を解説

子どもたちの笑顔があふれ、賑やかな保育園を目指したいと考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、集客に悩む保育園関係者も少なくありません。保育園の集客は、保護者の心をつかむこと・質の高い保育を提供することが重要です。

この記事では、効果的な集客方法やイベントについて紹介します。保育園の集客に悩みを抱えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

\支援実績1000社以上!園の全体最適を考えた採用をサポート!/

目次

保育士の採用をするなら保育のカタチがおすすめ

引用元:保育のカタチ

保育士の採用をするなら保育のカタチがおすすめです。

保育のカタチは日本で唯一、幼保業界の「人」に関する問題解決に特化した専門家集団です。採用から社員教育、それらの仕組み化まで幅広く取り組んでおり、人手不足の保育業界の中で、幼保施設にとって最善のパートナーが見つかるようなお手伝いをしています。

採用がうまくいかず悩んでいる方はぜひ一度保育のカタチにご相談ください。

住所〒550-0004大阪府大阪市西区靱本町1-7-22 SKKビル201
許可番号厚生労働大臣許可番号有料職業紹介事業:27-ユ-303764
労働者派遣事業:派27-304996
雇用形態正社員、契約社員、パート
求人施設保育園、幼稚園、認定こども園、病児保育、事業内保育、学童保育、託児所など
対応エリア全国
連絡手段電話番号:06-6210-5326
LINE

保育園の集客にはニーズの把握が重要

保育園の集客においては、ニーズを把握しておくことがとても重要です。地域の保護者が抱える課題やニーズに応えることが集客の鍵となります。

近隣の保育園は定員割れをしているのか・待機児童がいるのか・保護者がどこで働いているのか・どのような家庭が多いのかを深掘りすることでニーズを把握できます。

自園でニーズを把握するのが難しい場合は、他園との情報交換や自治体への質問を通じてニーズを探るのが良いでしょう。

保育園の集客方法は?おすすめの集客方法は何?

園児を集める方法として、ポスターを作成したりチラシを配ったりなど、さまざまな方法が存在します。

ここからは、おすすめの集客方法を6つ紹介します。

ポスターを作る

ポスターを作ることは、保育園の集客において効果的な手段の1つです。オーソドックスながらも、地域の保護者に直接アプローチできるため、重要な役割を果たします。

ポスターを掲載する際は、場所も重要です。地域の掲示板や公民館・子育て支援センター・小児科病院など、子育て中の保護者が訪れる場所を選定し、ポスターを掲示することで直接アプローチができるでしょう。

チラシを配る

新聞や地域の小冊子にチラシを挿入することで、広範囲かつ多くの保護者へ宣伝ができます。

その他にも、近隣の居宅にポスティングを行うのもおすすめです。配布する際は、乳幼児のいる家庭に効果的にアピールするよう心がけましょう。

ホームページを充実させる

ホームページは保護者に対して直接園の魅力を伝える窓口となり、多くの情報提供ができます。ホームページを充実させるのもおすすめの集客方法の1つです。

予算に余裕がある場合は、ホームページ制作は専門の業者に依頼するのがおすすめです。専門業者に依頼することで、高品質なサイトを構築でき、制作や更新の負担も軽減されます。

園の雰囲気がわかる動画を作る

園の雰囲気がわかるような動画を作成するのも有効な集客方法です。園児や保育士の日常をリアルに伝えることで、園を訪れなくても雰囲気や保育活動の様子を知ることが可能となります。

動画には保育士へのインタビューや活動風景の映像のほかにも、保育園の理念や方針を掲載するのも良いでしょう。

SNSを活用する

InstagramやX(Twitter)・FacebookなどのSNSを活用するのもおすすめです。現代はSNSをしている保護者が多いため、直接つながることが可能となっています。

保護者と繋がりを持ったら、子どもたちの制作作品や日常の様子をSNS上で発信してみましょう。日々発信をすることで、保護者の興味を引ける可能性が高まります。

集客イベントを活用してマーケティングをする

ふれあいイベントや子育ての相談会など、親子向けの企画を通じて保護者との交流を深めることで、保護者に直感的に園の魅力を伝えることができます。

万一、イベントを開催するのが難しい場合は、定期的に園庭を解放することで、園児と保護者を集められます。

予算がある保育園においては、株式会社こどもりびんぐや株式会社サンロフトのような専門企業が提供するさまざまなプロモーションメニューやサービスを利用し、保育園内での集客イベントを開催するのもおすすめです。

\支援実績1000社以上!園の全体最適を考えた採用をサポート!/

保育園の集客する際のポイント

ここからは、保育園の集客をする際のポイントを紹介します。ポイントを押さえておけば、より効果的に集客することが可能になります。

集客力を上げたい保育園関係者の方は、ぜひチェックしてください。

保育園のある地域の特色を捉える

集客を成功させるためには、保育園のある地域に合うマーケティング戦略を構築することが重要となります。まず、園の集客対象となるエリアを明確にし、競合他園の情報を把握しましょう。

次に、自園の独自性を明確にする「バリュープロポジション」を考え、保護者へ宣伝する戦略を練ると効率良く宣伝できます。

園の特色や魅力を打ち出す

保育園の集客では、保護者に魅力的な園であると認識してもらうことが集客の鍵です。他園と被らないような保育方針を打ち出しましょう。

その他にも、外部講師を招いた習い事や預かり時間の柔軟化・おむつの定額化・午睡布団の貸出など、保育に関連するサービスの充実も園の特色となり得ます。

保護者のニーズを把握する

子どもを預ける保育園を選定するのは保護者であり、保護者のニーズは時代や社会の変化に応じて変動しています。そのため、保護者のニーズを把握することが、集客をするうえで重要です。

保護者のニーズは安心して預けられるか・教育的な要素があるかなど、多岐にわたるため、さまざまなニーズをもとにアピール材料を探します。

もし、ニーズを把握するのが難しい場合は、園児の保護者にアンケートを実施し、希望や要望を知るのが良いでしょう。

保育の質を宣伝する

集客する際は、保育の質を宣伝するのも重要です。保護者は、保育の質が高い保育園に子どもを預けたいと考えています。そのため、保育の質を宣伝できれば、自ずと集客できるでしょう。

保育の質を高めるためには、園全体の人員確保が不可欠です。余裕のある人員配置により、安定的な運営が可能となり、質の高い保育ができるようになります。

職員への研修の実施やノンコンタクトタイムの導入など、現場の保育士たちがモチベーションを高く維持できるような環境づを構築しましょう。

ネットからの集客も意識する

集客する際は、ポスターやチラシだけではなく、ネットからの集客にも力を入れることが重要です。情報社会の昨今、ネットからの集客も有効な手段の1つとなっています。

ホームページやSNSに日々の保育様子やイベントの写真を積極的にアップロードし、保護者に実際の雰囲気を知ってもらいましょう。

保育士の負担軽減とフォローも忘れずに

保育園にとって集客することは重要ですが、保育士の負担軽減やフォローも忘れてはなりません。近年、保育士の業務量過多が保育業界で話題となっています。

業務量過多により、離職する保育士も多いため、保育園が負担軽減に乗り出すことが重要です。

負担を軽減する施策として、保育士の人数を国の基準よりも多く配置する・休憩時間や有休休暇の取得を促進する・ICTを導入することなどが挙げられます。

また、面談を定期的にしてフォローすることも、離職防止に役立ちます。保育士が離職しないような保育園を作れれば、集客も上手くいくでしょう。

ICTについて詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

まとめ

園児が集まらないときには、ポスターの作成やチラシの配布・集客イベントの実施が効果的です。地域密着型の保育イベントや子育て相談会を実施したり、園庭を解放したりして保護者へアピールすることで集客が期待できます。

集客する際は、地域の特色や保護者のニーズを把握し、園独自の特色や魅力を打ち出すことを意識しましょう。

\支援実績1000社以上!園の全体最適を考えた採用をサポート!/

保育士の採用をするなら保育のカタチがおすすめ

引用元:保育のカタチ

保育士の採用をするなら保育のカタチがおすすめです。

保育のカタチは日本で唯一、幼保業界の「人」に関する問題解決に特化した専門家集団です。採用から社員教育、それらの仕組み化まで幅広く取り組んでおり、人手不足の保育業界の中で、幼保施設にとって最善のパートナーが見つかるようなお手伝いをしています。

採用がうまくいかず悩んでいる方はぜひ一度保育のカタチにご相談ください。

住所〒550-0004大阪府大阪市西区靱本町1-7-22 SKKビル201
許可番号厚生労働大臣許可番号有料職業紹介事業:27-ユ-303764
労働者派遣事業:派27-304996
雇用形態正社員、契約社員、パート
求人施設保育園、幼稚園、認定こども園、病児保育、事業内保育、学童保育、託児所など
対応エリア全国
連絡手段電話番号:06-6210-5326
LINE
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

皆さまこんにちは、保育のカタチ運営チームです。こちらの知恵袋では保育や転職にまつわるお役立ち情報を配信します。皆さまのお役に立てるようコツコツと頑張ります!

サポーターに相談したい方はこちら

どのようなことでも大丈夫です。
まずはお話を聞かせていただきますので、
お気軽にご相談ください。

06-6210-5326 受付時間:平日9:00-18:00