保育園ではどのようにクラス分けをする?決め方の基準やよくあるクラス名を紹介!

保育園でのクラス分けは、子どもたちの個性や年齢に合わせ、安心できる環境を作ってあげるための重要なプロセスです。子どもたちの発達段階や性格特性が考慮したうえで、クラス分けをする必要があります。

この記事では、クラス分けの基準やよくみられるクラス名について解説していきます。保育園のクラス分けについて詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

\支援実績1000社以上!園の全体最適を考えた採用をサポート!/

目次

保育士の採用をするなら保育のカタチがおすすめ

引用元:保育のカタチ

保育士の採用をするなら保育のカタチがおすすめです。

保育のカタチは日本で唯一、幼保業界の「人」に関する問題解決に特化した専門家集団です。採用から社員教育、それらの仕組み化まで幅広く取り組んでおり、人手不足の保育業界の中で、幼保施設にとって最善のパートナーが見つかるようなお手伝いをしています。

採用がうまくいかず悩んでいる方はぜひ一度保育のカタチにご相談ください。

住所〒550-0004大阪府大阪市西区靱本町1-7-22 SKKビル201
許可番号厚生労働大臣許可番号有料職業紹介事業:27-ユ-303764
労働者派遣事業:派27-304996
雇用形態正社員、契約社員、パート
求人施設保育園、幼稚園、認定こども園、病児保育、事業内保育、学童保育、託児所など
対応エリア全国
連絡手段電話番号:06-6210-5326
LINE

\支援実績1000社以上!園の全体最適を考えた採用をサポート!/

保育園ではどのようにクラス分けをする?

保育園のクラス分けは、子どもたちの成長や安全を考慮し、さまざまな要素を組み合わせて行っています。誕生月や月齢、男女比、そして子どもたちの個性や保護者の関与度などがクラス分けの基準です。

保育園によっては、クラス替えの有無やタイミングが異なり、一般的には年度が変わる前の3月に保育士たちが話し合います。以下から、クラス分けについてより詳しく解説していくため、ぜひチェックしてみてください。

保育園でのクラス分けにおける基準

ここでは、クラス分けの基準を解説します。どのような基準でクラス分けを行っているか、詳しくみていきましょう。

誕生月・月齢

保育園でクラス分けする際、まずは学年別に分類され、同学年内で子どもたちの月齢や誕生月が考慮されます。乳幼児期では数ヶ月の差が身体的な発達に影響を与えることもあるので、誕生月は重要です。

たとえば、0歳3ヶ月の子と9ヶ月の子では、首の座り方やつかまり立ちの進み具合が異なります。特に4月生まれと3月生まれでは1年の差があり、月齢の違いからくる発達段階の差が顕著です。保育園では、子どもたちがお互いに刺激し合えるような関係性を促進するためにクラスを構成しています。

子どもの個性・相性

子どもたちの個性や相性も重要な基準です。わんぱくな子や人見知りの子など、さまざまな個性が存在します。同じような個性が1つのクラスに集中すると、保育士の指示がとおりにくくなり、集団での活動が難しくなる可能性があります。

そのため、子どもたちが健全に活動できるように、個性を考慮してクラス替えが行われるのです。また、相性が合わずにケンカが絶えない場合や、感情が高ぶり安全が損なわれる可能性がある場合も、クラスを分ける判断がなされることがあります。

男女比

保育園でのクラス分けにおいて、男女比も重要な基準の1つです。集団での活動や関係性の形成においてバランスを保つために、男の子と女の子の比率が均等になるようにクラスが編成されます。

小学校でも男女比の均等性が児童からの発言を引き出す手助けとなり、クラスの編成に影響を与えています。保育園では、男の子と女の子の人数を調整して、クラスが分けられることで、子どもたちが異なる性別同士で健全な関係を築けるようになるでしょう。

保護者の様子

保育園でのクラス分けにおいて、保護者の様子もクラス編成の基準です。一部の保育園では、保護者に向けてアンケートを行ったり、個人懇談の際に希望を聞いたりすることがあります。

保護者同士のトラブルや相性の悪さも考慮してクラスを分けることが行われることもあります。また、保育園への要望が多い保護者が同じクラスになると保育士の業務量が増えてしまうでしょう。そのため、配慮してクラスを編成し、保護者同士のトラブルが影響を与えないような工夫が行われています。

家庭の事情

保育園でのクラス分けでは、子どもたちの家庭環境も重要な基準の1つです。保育士は子どもたちの状況を把握し、それに基づいてクラスを分けます。

母親が学生である場合や母子家庭の子どもたちには、その家庭状況に合わせて適切なサポートが必要です。家庭の事情を理解し、クラス編成において公平でかつ配慮が行き渡るよう心掛けています。このようなアプローチにより、家庭の事情に左右されず、子どもたちが安心して保育園生活を送れるようサポートされています。

\支援実績1000社以上!園の全体最適を考えた採用をサポート!/

保育園のクラスの種類

ここでは、保育園のクラスの種類を紹介します。保育園のクラスは、年齢別に分けられることが多いため、それぞれ詳しくみていきましょう。

年少・年中・年長クラスの年齢

保育園や幼稚園では、「年少」「年中」「年長」のクラスが年齢別に分かれています。詳しい分類は、下記を参考にしてください。

4月1日時点の年齢クラス
3歳年少
4歳年中
5歳年長

学校教育法によれば、1学年は「4月1日に始まり〜翌年3月31日まで」を指し、4月2日生まれの子どもは翌日の4月2日から小学校に入学できると規定されています。

そのため、学年の年齢は4月2日の年齢が基準です。途中入園の場合も、4月2日の時点での年齢が基準となり、クラスが決定されます。

乳児クラス・幼児クラスの年齢

保育園のクラスには「乳児クラス」と「幼児クラス」があり、それぞれの年齢層が異なります。一般的な保育園では0~2歳児が乳児クラスに分かれ、3~5歳児が幼児クラスに所属します。

乳児クラスでは、保育者が慎重に子どもたちをケアをし、基本的な生活習慣や感覚の発達をサポートしてくれるでしょう。幼児クラスでは水遊びやさまざまな遊びが組み込まれ、保育活動の内容が多様化します。また、保護者へのコミュニケーションも重要です。

未満児・以上児とは

「未満児」と「以上児」は、保育者が活動内容を伝える際に使われます。未満児は、一般的に3歳未満の子どもを指す言葉であり、保育用語として広く使われていますが、厳密な定義はありません。対義語として、3~5歳児童を「3歳以上児」または「以上児」と呼びます。

具体的には、「誕生日会が未満児クラス(0・1・2歳)で行われます」といった案内や「以上児の預かり保育はお休みです」といった連絡、「以上児の発表会の練習は今日からです」という情報が保育士間で使われています。

よくある保育園のクラス名は?

よくある保育園のクラス名は以下のとおりです。

  • ひよこ
  • もも
  • たんぽぽ

これらの名前には、ほんわかとしたイメージが漂うため、多くの保育園や幼稚園で採用されています。また、年齢によって使われているクラス名に変動があります。0歳児のクラスには、成長段階をイメージさせるつぼみやたまごなどの名前が多いのが特徴です。1歳児のクラスには、ひよこやりすなど、小動物が選ばれる傾向にあります。

保育園でのクラス分けに要望があったときの対処法

ここでは、保護者からクラス分けに対する要望があった場合の対処法を紹介します。どのように対処すれば良いか困っている方は、ぜひ参考にしてください。

担任に関する要望

保護者から担任に関する要望が寄せられることがあるのではないでしょうか。このような希望は保育士にとって嬉しいものですが、感謝の気持ちを表しつつも、保護者の希望によって担任が決まるわけではないことを伝えることが必要です。

クラス分けはさまざまな要素を考慮して行われ、保育園が適切なバランスを保つための重要な判断がされています。保護者とのコミュニケーションを大切にしつつも、必ずしもすべての要望が通るわけではないことを理解してもらいましょう。

クラスメイトに関する要望

保護者からクラスメイトに関する希望が寄せられることがあります。このような要望には、保護者の気持ちに寄り添いながら、お互いの子どもたちが良い環境で成長できるかどうかを考慮することが重要です。

子どもたちの関係性やクラス全体の雰囲気を見極めつつ、希望が実現可能かどうかを判断しましょう。クラスメイトに対する要望が叶えられる場合、お互いの成長に良い影響を与える可能性があるため、柔軟に対応することが望ましいです。

まとめ

保育園のクラス分けは誕生月や月齢、性別、子どもの個性などを考慮して決定します。代表的なクラス名は「ひよこ」「もも」「たんぽぽ」などです。

保護者のクラス希望には感謝しつつ、最終的な判断はクラス全体のバランスや子どもたちの成長環境を考えてクラス分けをしましょう。どのようにクラス分けすれば良いか迷っている方や、クラス名に困っている方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

\支援実績1000社以上!園の全体最適を考えた採用をサポート!/

保育士の採用をするなら保育のカタチがおすすめ

引用元:保育のカタチ

保育士の採用をするなら保育のカタチがおすすめです。

保育のカタチは日本で唯一、幼保業界の「人」に関する問題解決に特化した専門家集団です。採用から社員教育、それらの仕組み化まで幅広く取り組んでおり、人手不足の保育業界の中で、幼保施設にとって最善のパートナーが見つかるようなお手伝いをしています。

採用がうまくいかず悩んでいる方はぜひ一度保育のカタチにご相談ください。

住所〒550-0004大阪府大阪市西区靱本町1-7-22 SKKビル201
許可番号厚生労働大臣許可番号有料職業紹介事業:27-ユ-303764
労働者派遣事業:派27-304996
雇用形態正社員、契約社員、パート
求人施設保育園、幼稚園、認定こども園、病児保育、事業内保育、学童保育、託児所など
対応エリア全国
連絡手段電話番号:06-6210-5326
LINE

\支援実績1000社以上!園の全体最適を考えた採用をサポート!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

皆さまこんにちは、保育のカタチ運営チームです。こちらの知恵袋では保育や転職にまつわるお役立ち情報を配信します。皆さまのお役に立てるようコツコツと頑張ります!

サポーターに相談したい方はこちら

どのようなことでも大丈夫です。
まずはお話を聞かせていただきますので、
お気軽にご相談ください。

06-6210-5326 受付時間:平日9:00-18:00