おすすめの保育士の採用方法比較8選!採用の流れや求人倍率を上げる方法を徹底解説!

保育園で採用を担当者している方の中には保育士の採用方法で悩んでいる方もいるのではないでしょうか。保育園の人手不足の中で、保育士を採用したい場合は採用方法が重要です。

この記事ではおすすめの採用方法や、求職者がどのような点を見ているのかなど、徹底解説します。求人倍率を高める方法も紹介しているので、園長や採用担当者の方はぜひ、最後までご覧ください。

保育士の採用について相談をしてみたいと思った方はこちらのLINEからぜひご相談ください。保育のカタチ運営サポーターがまずはご相談に乗らさせていただきます。

目次

保育士の採用をするなら保育のカタチがおすすめ

引用元:保育のカタチ

保育士の採用をするなら保育のカタチがおすすめです。

保育のカタチは日本で唯一、幼保業界の「人」に関する問題解決に特化した専門家集団です。採用から社員教育、それらの仕組み化まで幅広く取り組んでおり、人手不足の保育業界の中で幼保施設にとって最善のパートナーが見つかるようなお手伝いをしています。

採用がうまくいかず悩んでいる方はぜひ一度保育のカタチにご相談ください。

住所〒550-0004大阪府大阪市西区靱本町1-7-22 SKKビル201
許可番号厚生労働大臣許可番号有料職業紹介事業:27-ユ-303764
労働者派遣事業:派27-304996
雇用形態正社員、契約社員、パート
求人施設保育園、幼稚園、認定こども園、病児保育、事業内保育、学童保育、託児所など
対応エリア全国
連絡手段電話番号:06-6210-5326
LINE

保育士の採用について相談をしてみたいと思った方はこちらのLINEからぜひご相談ください。保育のカタチ運営サポーターがまずはご相談に乗らさせていただきます。

おすすめの保育士の採用方法比較8選!特徴や注意点も紹介

まずは、おすすめの保育士の採用方法を8選比較してみましょう。特徴や注意点も解説していますので、気になる採用方法を比較してみてください。

ハローワークに登録する

おすすめの採用方法の1つ目は厚生労働省が運営元のハローワークに登録することです。

ハローワークは無料で求人を出すことができます。しかし、ハローワークでは未経験の方やブランクがある方なども求職活動しているため、保育士の質が保証されるわけではありません。

そのため、即戦力がある保育士や希望する人材が見つからない場合には、他の採用方法を検討してみましょう。

派遣会社を利用する

保育士を採用したい場合は派遣会社を利用するのもおすすめです。派遣会社が給与の支払いや福利厚生など、登録している保育士のサポートを行います。その結果、保育園側のコストの削減や負担軽減につながります。

しかし、派遣社員は派遣先で働ける年数が最大で3年と決まっているため、期間限定の人材となります。

求人媒体へ載せる

求人媒体への掲載は多くの求職者の目に留まる可能性が高い手段の1つです

新聞や求人雑誌、タウン情報誌など、その種類は多岐にわたります。求人情報を掲載する際は必ず、募集要項を明確に提示するようにしてください。

募集要項に以下の内容を記載するのがおすすめです。

  • 募集ポジション
  • 業務内容
  • 応募資格
  • 労働条件
  • 待遇
  • 応募方法
  • 締め切り

求人情報サイトを利用する

求人情報サイトを活用するのも良いでしょう。求人情報サイトを利用すると求職者はオンラインで求人内容を確認できます。

特に保育士求人に特化した求人サイトであれば、採用担当者と求職者の間にズレが起こりにくくなります。

求人情報サイトは有料と無料に分かれており、有料の場合は十数万円かかることもあるため、事前に予算などを検討しておく必要があります。

転職フェアを利用する

保育士の転職支援フェアを活用するのもおすすめです。転職支援フェアに出店することで、求職者に保育園の魅力を直接伝えられます。

出展する際の費用は規模や開催場所により異なるため、予算を抽出しておく必要があります。また、就職フェアなどを利用する場合には事前に、求職者へのアピールポイントなどもまとめておくと良いでしょう。

ホームページに求人を載せる

求職者は近場の保育士の求人を探す傾向があるため、保育園のホームページに求人情報を掲載するのもおすすめです。

ホームページに求人を載せることで、近場の保育士が集まりやすくなります。求人情報は常に、最新の情報を載せるようにしましょう。

保育所支援センターを活用する

保育所支援センターは保育園の採用に関する相談や情報提供などを行っている機関です。

保育園の採用担当の方が保育所支援センターへ相談することで、求人募集のアドバイスや保育士の派遣情報などが得られます。地方自治体や都道府県が運営を行っているため、近隣の保育士を探すこともできます。

また、保健所支援センターは求職者の相談や支援を行っており、求職者を紹介してもらうことも可能です。

専門学校や大学に声をかける

新卒採用を行いたい場合には保育関係の専門学校や大学に声をかけてみましょう。求人情報を掲載してもらうことで、新卒の保育士を見つけることができます。

また、専門学校や大学の就職支援担当者や指導教員と関わりを持てると、継続して新卒の保育士を紹介してもらえる可能性もあります。

保育士の採用について相談をしてみたいと思った方はこちらのLINEからぜひご相談ください。保育のカタチ運営サポーターがまずはご相談に乗らさせていただきます。

保育士の採用の流れ

保育士の採用の流れは、以下のようになります。

  1. 求人募集
    保育園が求人募集をする方法は、前述の求人媒体やホームページ、保育所支援センターなどがあります。求人募集をする際は、担当業務や勤務時間、給与・待遇等を明確に記載することが大切です。
  2. 書類選考
    応募者から届いた履歴書や職務経歴書などの書類を審査し、各種条件に合う人材を選考します。
  3. 面接
    書類選考に通過した人材を対象に面接を行い選考を進めます。面接では、仕事内容や職場の雰囲気を確認するとともに、個人の性格や能力を見極めましょう。
  4. 再選考
    選考後、最終的に採用するかどうかを決定して内定を出します。

採用のブランディングについて知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

保育士は求人を探すときにどんな所を見ている?

求職者は自分たちが働く上で重要なポイントを求人情報で見ています。そこで、保育士が求人を探す際に注目する点を紹介します。

給与・待遇面

求職者は求人情報の給与と待遇を確認している方が多いです。時給制や月給制、賞与・昇給・退職金等の待遇内容などは保育園ごとに異なるため、よく確認しています。

また、社会保険の加入有無や有給休暇の取得条件、福利厚生制度・スキルアップ支援制度なども、保育士の就業にとって重要なポイントとなります。

仕事量

保育士は子供たちを育てるために保育プログラムの作成や実施、食事の準備、子供たちと保護者とのコミュニケーション、保育園内の清掃・整備など、多岐に渡る仕事をこなしています。

そのため、求職者は雇用条件の仕事量や内容を考慮し、適度かを判断しています。他の保育園と比較し、仕事量が多い場合には改善してみてください。

労働時間

保育園によっては朝早くから夕方までの長時間勤務が求められる場合があり、求職者はそれらの労働時間も確認しています。採用の担当者は求職者が子育てや家庭などと仕事が両立しやすいように、柔軟な労働形態を設定することが重要です。

例えば、子育てに専念している保育士は「家庭を犠牲にできない」「仕事と家庭を両立したい」と思っている方が多いです。

そのような保育士は長時間勤務の求人を出しても反応しません。子育てに専念している保育士は短い労働時間や週に数日勤務する勤務形態などを求めています。そのため、労働時間を柔軟に設定し、保育士が働きやすい環境を作りる必要があります。

人間関係

保育士は子供たちとのコミュニケーションをはじめ、共同作業を行う同僚や上司とかかわり合うことが多い職業です。そのため、人間関係も重視されています。

保育士同士がコミュニケーションを取り合ったり、協力したりして業務を進めることができる職場環境を作ることも、採用担当者の重要な役割の1つです。

人間関係の質を高めるためには職場環境の整備、同僚とのコミュニケーションを奨励する制度・文化の確立などが必要です。

育休や産休が取れるか

求職者は今後、育児休暇や産休が取れるかどうかも確認しています。採用担当者は制度整備やフォローアップ体制などが整っていることをアピールするようにしましょう。

園の方針

求職者は保育園の方針に自身の考えが合致しているかも重要視しています。保育士の採用担当者は求職者が共感できる方針をアピールしましょう。

保育士が求めるとされるポイントはこれだけではありません。しかし、採用担当者は求職者が何を求めているのかを把握し、それに対して園全体で必要な改善を行っていくことが大切です。

保育士の求人率を高めるためには?

保育業界は現在、保育士不足が深刻化しており、保育士の求人率を高めることが必要不可欠です。

求人率を高めるためのポイントは下記の3つです。

  1. 給与のアップ
    保育士の給与は年収が低く、労働条件や福利厚生なども整っていないと言われています。特に地方での保育士の給与は、東京などの大都市と比べて低めです。そのため、保育士の給与をアップすることが求人率を高めるための1つの手段となります。
  2. 雇用形態の多様化
    保育士の雇用形態は多様化していく必要があります。例えば、フルタイムとパートタイム、正社員と契約社員、派遣、非常勤など、求職者の希望に合わせた雇用形態を用意する必要があります。
  3. 園の運営方針の明確化
    園の運営方針を明確化し、保育士の働きやすい環境を作ることが求人率を高めるためには欠かせません。保育士が働きやすい環境を整えることで、保育士の定着率・士気・モチベーションアップにつながり、求人率を高めることが期待できます。

まとめ

保育士の採用はハローワークによる求人や派遣会社、転職フェアへの出展など、いくつか方法があります。「求人を出しても保育士が集まらない」場合は、求人内容を見直してみましょう。

求人倍率が高い現在、採用担当者は求職者のニーズを取り入れることが重要です。

保育士の採用について相談をしてみたいと思った方はこちらのLINEからぜひご相談ください。保育のカタチ運営サポーターがまずはご相談に乗らさせていただきます。

保育士の採用をするなら保育のカタチがおすすめ

引用元:保育のカタチ

保育士の採用をするなら保育のカタチがおすすめです。

保育のカタチは日本で唯一、幼保業界の「人」に関する問題解決に特化した専門家集団です。採用から社員教育、それらの仕組み化まで幅広く取り組んでおり、人手不足の保育業界の中で幼保施設にとって最善のパートナーが見つかるようなお手伝いをしています。

採用がうまくいかず悩んでいる方はぜひ一度保育のカタチにご相談ください。

住所〒550-0004大阪府大阪市西区靱本町1-7-22 SKKビル201
許可番号厚生労働大臣許可番号有料職業紹介事業:27-ユ-303764
労働者派遣事業:派27-304996
雇用形態正社員、契約社員、パート
求人施設保育園、幼稚園、認定こども園、病児保育、事業内保育、学童保育、託児所など
対応エリア全国
連絡手段電話番号:06-6210-5326
LINE

保育士の採用について相談をしてみたいと思った方はこちらのLINEからぜひご相談ください。保育のカタチ運営サポーターがまずはご相談に乗らさせていただきます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

皆さまこんにちは、保育のカタチ運営チームです。こちらの知恵袋では保育や転職にまつわるお役立ち情報を配信します。皆さまのお役に立てるようコツコツと頑張ります!

サポーターに相談したい方はこちら

どのようなことでも大丈夫です。
まずはお話を聞かせていただきますので、
お気軽にご相談ください。

06-6210-5326 受付時間:平日9:00-18:00