【知らないと損】即戦力の保育士を見つけるためには?特徴や見極めるポイントなども紹介!

保育業界は常に人材不足といわれています。地域によっては待機児童問題が解消しておらず、保育士の需要は右肩上がりになっています。

保育士は、子どもや保護者への対応、体力、コミュニケーション能力が必要な仕事です。多くのタスクをこなす能力を求められる保育士ですが、即戦力として使える人材を確保するにはどうすれば良いのでしょうか。

この記事では、即戦力のある保育士の特徴や見つけるためのポイントについて紹介していきます。

保育士の採用について相談してみたいと思った方はこちらのLINEからぜひご相談ください。保育のカタチ運営サポーターがまずはご相談に乗らさせていただきます。

目次

保育士の採用をするなら保育のカタチがおすすめ

引用元:保育のカタチ

保育士の採用をするなら保育のカタチがおすすめです。

保育のカタチは日本で唯一、幼保業界の「人」に関する問題解決に特化した専門家集団です。採用から社員教育、それらの仕組み化まで幅広く取り組んでおり、人手不足の保育業界の中で幼保施設にとって最善のパートナーが見つかるようなお手伝いをしています。

採用がうまくいかず悩んでいる方はぜひ一度保育のカタチにご相談ください。

住所〒550-0004大阪府大阪市西区靱本町1-7-22 SKKビル201
許可番号厚生労働大臣許可番号有料職業紹介事業:27-ユ-303764
労働者派遣事業:派27-304996
雇用形態正社員、契約社員、パート
求人施設保育園、幼稚園、認定こども園、病児保育、事業内保育、学童保育、託児所など
対応エリア全国
連絡手段電話番号:06-6210-5326
LINE

保育士の採用について相談をしてみたいと思った方はこちらのLINEからぜひご相談ください。保育のカタチ運営サポーターがまずはご相談に乗らさせていただきます。

即戦力の保育士の採用について


令和5年の保育士の求人倍率は3.12倍と高い水準で推移しています。指定保育士養成施設を卒業した約半数は、保育施設に就職していません。

求人倍率が高い理由は、責任が重く、事故への不安もあるのに低賃金であることです。そんな中、即戦力のある保育士を採用したいという園の担当者も多いのではないでしょうか。

即戦力の保育士を採用するメリット


即戦力のある保育士を採用するメリットは、担任や主任など責任のある役職を任せることができることです。

新人の保育士を採用した場合は独り立ちするまでに時間がかかります。新人育成も大切な仕事ではありますが、人手不足の補充が目的である場合、あまり悠長に待ってもいられません。

即戦力のある保育士はこれまでの経験を生かし、どの年代の子どもを担当することもでき、子どものトラブルを解決するのも問題なくできるでしょう。

即戦力の保育士を採用する注意点

頼りになる即戦力のある保育士ですが、注意点が2つあります。

1つ目が転職の回数です。保育士としての経歴が長くても、職場を転々としているような先生は転職を繰り返す理由が本人にあることがあります。

採用してもすぐに辞めてしまう可能性もあるため、職歴を見て気になる点があればきちんと面接で確認することが大切です。

2つ目は現在、保育園に在籍している保育士との相性や役職などを考慮することです。長く勤務していて昇進を希望しているような保育士がいる場合、後から採用となった保育士がその人より上の役職になると、先生の間で軋轢が生じる可能性があります。

保育士の採用について相談してみたいと思った方はこちらのLINEからぜひご相談ください。保育のカタチ運営サポーターがまずはご相談に乗らさせていただきます。

即戦力の保育士の特徴

次に、保育園の現場ですぐに力を発揮できる即戦力のある保育士の特徴について解説します。

文章力が高い

保育園では様々な場面で文章を作成する必要があります。そのため、文章力のある人材は即戦力になるでしょう。連絡帳の記入、指導計画、おたより、会議録などを分かりやすく、早く作成できる能力が必要です

パソコンの操作にも慣れている

上述の文章を、手書きで行う保育園もありますが、おたよりや指導計画などはパソコンを使用する頻度も上がります。

基本的なパソコン動作を理解しており、パソコン操作に慣れていることが必要といえるでしょう。

器用

保育園では壁面や天井の飾り、発表会の衣装、劇の小道具など製作するものがたくさんあります。手先が器用であれば、効率よく作業を進めることができるので、器用な先生はすぐに戦力になるといえます。

名前を覚えるのが得意

名前を覚えるのが得意な保育士は、採用後の受け持つクラスでも園児の顔と名前をすぐに覚えられるでしょう。そのような保育士は園児や保護者とのコミュニケーションが円滑に進みます。

園児の名前を覚えるのが苦手な保育士もいるため、名前を覚えるのが得意な方は即戦力となるでしょう。

子育て経験がある

子育て経験がある保育士は乳幼児の扱いに慣れています。そのため、産休明けなど子育て経験がある保育士を採用するのも即戦力になります。

また、産休・育休後にそのまま退職した方も即戦力になるでしょう。

経験が長い

保育士の仕事が長い人は多くの経験を積んでいます。子どもの目線に立ち優しく接しながらも、だめなことはだめと言える厳しさもこれまでの仕事で培っています。

保育園は0歳〜5歳と在籍する園児の年齢も幅広いため、経験により子どもの成長段階を理解している保育士はすぐに担任を持つなど即戦力として働くことが可能です。

経験が長い保育士を採用することで保護者からの信頼を得ることができるでしょう。

コミュニケーション能力がある

保育士は仕事上、園児、保護者、保育士同士と様々な年代の人と関わりを持ちます。協調性があり、良好な人間関係を作ることができる人は相手からの信頼を得やすいでしょう。

円滑なコミュニケーションができれば、仕事も効率よく進み、仕事環境も更によくなります。

柔軟に対応することができる

保育園での仕事では予期せぬ出来事が発生します。臨機応変な対応ができる保育士も即戦力になります。

園児のトラブルや保護者からの要望、様々な突発的な事項に柔軟に対応できる能力があれば、早めの問題解決に役立つでしょう。

入社後に活躍する人材について知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

即戦力の保育士を採用したい!そんなときには?

すぐに役立つ人材を確保するのは大変です。即戦力となる保育士の獲得のための4つの方法を紹介します。

潜在保育士を採用する

潜在保育士を採用するのも即戦力を求めている時にはおすすめです。結婚や出産で仕事を離れている保育士は多く存在します。

子育てが一段落して、再就職を考えている保育士は知識もスキルもあることから、即戦力として活躍できるでしょう。

専門学校生を採用する

専門学校生を採用するのもおすすめです。専門学校で保育の勉強をした学生は最新の知識を学んでいます。経験者よりも経験は浅いですが、研修で保育園に行っていることから、スムーズに仕事に入ることができます。

専門学校生であれば、園の方針と保育士との相違による退職も防げるでしょう。

中途採用に力を入れる

中途採用に応募する人は経験があり即戦力となる人が多いです。

しかし、辞める理由は人それぞれのため、今までの経験などをしっかりと確認し、見極めることが重要です。

2月までに求人活動を行う

3月に退職する保育士が多いため、求人のピークを迎えるのは2月になります。そのため、即戦力のある保育士を採用するためには2月までに求人活動を行うのがおすすめです。

即戦力かどうか見極めるポイント

最後に、面接時に即戦力のある人材かどうかを見極めるポイントを紹介します。

資格や経験などを確認する

面接時には資格や経験を確認しましょう。

保育士資格以外にも、退職理由や以前の役職、経験などを確認することで即戦力があるかを見極められます。

保育方針に理解が得られるか確認する

保育士の面接時には園の保育方針に理解があるかをしっかりと確認することが必要です。

保育園はそれぞれの園の理念や方針に沿って運営を行っているため、外で元気に遊び運動遊びを主体としている園や外国人講師を雇用して英語教育に力を入れている園もあります。このような園の方針を理解し、柔軟に対応できる方は即戦力としての活躍が期待できそうです。

経験のある保育士ほど、理想とする保育の形があります。

保育園によって様々な保育方針で園を運営していますが、即戦力になりそうだからと全く違う保育方針の保育士を採用しても、すぐに退職される恐れがあります。

そのため、保育方針に理解が得られるかどうかも確認しておきましょう。

受け答えが的確にできる

保育士は保護者対応や保育士同士の引き継ぎなど、的確で誠実な応対を求められます。そのため、面接でも受け答えがしっかりとできるかどうかを確認しましょう。

面接時に会話のやり取りがしっかりとできているか、話をきちんと聞けているかなどを確認してみてください。

しっかりとした受け答えができていれば、即戦力があるといえます。

まとめ

即戦力のある保育士を採用する際は資格や経験、園の方針に理解があるか、受け答えが的確化どうかを見極めることが重要です。

この記事で紹介した即戦力のある保育士の特徴を踏まえて、求人活動を行なってみてください。経験がある人が見つからない場合は専門学校生を採用するのもおすすめです。

求人は2月までに出し、面接で即戦力となる人材を確保しましょう。

保育士の採用について相談してみたいと思った方はこちらのLINEからぜひご相談ください。保育のカタチ運営サポーターがまずはご相談に乗らさせていただきます。

保育士の採用をするなら保育のカタチがおすすめ

引用元:保育のカタチ

保育士の採用をするなら保育のカタチがおすすめです。

保育のカタチは日本で唯一、幼保業界の「人」に関する問題解決に特化した専門家集団です。採用から社員教育、それらの仕組み化まで幅広く取り組んでおり、人手不足の保育業界の中で幼保施設にとって最善のパートナーが見つかるようなお手伝いをしています。

採用がうまくいかず悩んでいる方はぜひ一度保育のカタチにご相談ください。

住所〒550-0004大阪府大阪市西区靱本町1-7-22 SKKビル201
許可番号厚生労働大臣許可番号有料職業紹介事業:27-ユ-303764
労働者派遣事業:派27-304996
雇用形態正社員、契約社員、パート
求人施設保育園、幼稚園、認定こども園、病児保育、事業内保育、学童保育、託児所など
対応エリア全国
連絡手段電話番号:06-6210-5326
LINE

保育士の採用について相談をしてみたいと思った方はこちらのLINEからぜひご相談ください。保育のカタチ運営サポーターがまずはご相談に乗らさせていただきます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

皆さまこんにちは、保育のカタチ運営チームです。こちらの知恵袋では保育や転職にまつわるお役立ち情報を配信します。皆さまのお役に立てるようコツコツと頑張ります!

サポーターに相談したい方はこちら

どのようなことでも大丈夫です。
まずはお話を聞かせていただきますので、
お気軽にご相談ください。

06-6210-5326 受付時間:平日9:00-18:00