【保育士の実態】保育士の残業とは?その内容や実働・残業代がどれくらいになるのか徹底解説!

保育士というと子どもと直接かかわることができる楽しい仕事と考える人も多いのではないでしょうか。実際に保育の現場をのぞいてみると細かい作業が多く、そんな楽しいとはかけ離れた作業も多いです。さらに、そのような作業は子どもの面倒を見る日中に終わらせられないことも多く、残業に悩んでいる保育士も多いです。

そこで本記事では保育士の残業についてその内容や実働、残業代がどのぐらいになるかを徹底解説します。今保育の現場の残業に悩んでいる人もぜひ参考にしてください。

目次

保育士の残業とは?

保育士の残業とは、法定作業時間以外で行われるすべての業務のことです。保育に必要なものを準備したリ片付けをしたり、保護者とのコミニュケーションをとったり、残業時間で賄わなければならない業務も多いです。保育士をこれから仕事にする人はどのようなことをしているかわからないという方も多いのではないでしょうか。

ここからは、保育士の残業の実態はどのようになっているのか解説していきます。

保育士の実動とはどんなもの?

保育士の実働とは、多岐にわたります。預かる子どもの年齢に合わせた保育の業務だけでなく、教材づくりや保護者とのやり取りなど子どもの面倒を見る作業以外の業務も多いです。

また、自分のクラスだけでなく保育園全体の不足を補うために日々協力して仕事をしています。ここからは保育士の実働についての細かい作業内容を紹介します。

細かい事務処理

保育士の細かい事務処理とは、自分の勤務時間をきちんまとめるところから入ります。その他にも教材にかかる費用の経費精算だったり、事務作業も多いです。

日中は登園の確認など、預かる子どもをみながら行っています。子どもの様子をきちんと伝えるために連絡帳を記入したりすることも事務作業の一つです。園によっては手書きではなくパソコンを使ってメールで保護者とのやり取りを行っている場合もあります。

このように保育士は意外と事務作業も多いのです。

工作やカリキュラムの準備

工作やカリキュラムを年齢に合わせて準備することも保育士の仕事です。

年齢が低い子は道具よりもふれあいや体験を重視しますが、ある程度の年齢になると指先を使った遊びへと変化していきます。粘土やハサミを使う作業を行うこともあります。子どもに合わせたカリキュラムを事故がないように用意することも保育士の仕事です。

施設の清掃(施設の方針による)

施設の方針によりますが、保育園全体の清掃も保育士の仕事の一環として行われています。

清掃業者が入る園もありますが、自分たちの手できれいにしようとしているところも多いです。直接的な保育の仕事とはいえないような作業も保育士の仕事として扱われています。

保育士の残業代は給料にはいっている?

保育士の残業代は給料に入っているかどうか気になるところなのではないでしょうか。保育士の残業代は一定の時間数までは残業として認められます。しかし、それ以外はサービス残業として、残業代が出ないこともあります。ここからは保育士の残業代について細かく説明していきます。

保育士の残業代は基本的には出ない!

保育士の残業代は基本的には出ません。一定の時間数までは保育士の残業時間が認められています。ですが、悲しいいことにそれを認めない経営方針をとっているところも少なからず存在します。

保育士の残業は未払いが多い?

保育士の残業代には未払いが多いという話を聞いたことがあるのではないでしょうか。

そのような未払いは保育園側に請求することができます。ただしこれには期限があり、原則として未払いから3年と定められています。

それ以降は請求ができません。残業代の未払いがある場合は早めに請求するようにしましょう。

保育士の残業代に関する法律はどうなっている?

保育士の残業代に関しては厚生労働省は労働時間の上限を「1日8時間、週40時間」と定めています。この時間を法定労働時間といいます。

それ以上の時間を残業といいます。施設の中で行う作業以外にも家に持ちかえり仕事をしている場合も残業と定められています。自分がいまどれだけの時間を作業に費やしているのか一度きちんと見直すようにしましょう。

転職相談をしてみたいと思った方はこちらのLINEからぜひご相談ください。保育のカタチ運営サポーターがまずはご相談に乗らさせていただきます。

保育士にとって残業の少ない働きやすい環境とは?

保育士が働きやすい環境づくりというのはどんなものがあるか考えいきましょう。働きやすい環境を作っていくことで、毎日の業務も楽しくなるでしょう。ここからは保育士の残業が少ない働きやすい環境について説明していきます。

大きなイベントを効率よく準備している

大きなイベントを準備するときには事前の段取りが重要になってきます。

この作業をどれだけ効率よくできるかで残業時間をどれだけ減らせるかにもつながりかねません。イベントの際に必要な機材を自分たちで用意するのか、専門家に任せるのか、できるところをどこまでにするのかをきちんと判断したうえでイベントにのぞみましょう。

保育の大きな活動となるイベントとは?

保育士の大きな活動となるイベントにはいくつか種類があります。

例えば、子どもと保護者が一堂に会する入学式に始まり、運動会や発表会などです。多くの人を招くイベントは子供たちの一体感を見せることができるワクワクしたイベントです。

その中で保育士の作業というのは準備だけでなく、物品の確認や必要品の購入、その他の切り分けが必要になってきます。

日常業務の効率化

日常業務の効率化は近年特に多くの保育園が検討しています。

システムをきちんと扱えるようにするためには保育者のスキルや正しい使い方をするためのマニュアルが必要です。それでは、多くの保育園がどのように効率化させているのか詳しく見ていきましょう。

事務作業をITツールを導入し効率化させている

多くの保育園では事務作業をITツールを導入し効率化させています。

会計のシステムだけでなく園児の1人1人がきちんと登園しているかや当日の体調管理を含めた出欠確認、バスの乗り降りの確認などITツールを導入することで保育士の負担は大きく減ります。

特に個人の体調に関しては近年かなり慎重に行われています。その際、システムを使う側の意識も大切になってきます。ITツールを使っているからといって怠らず、体調管理の事務作業は念入りに行うようにしましょう。

保育園と保護者の円滑なコミニュケーションをとる

保育園と保護者の円滑なコミニュケーションをとることは保育士の必須業務といえるでしょう。

かつて、保育園では保護者の声を直接聞くためにかつては手書きの連絡ノートを使用していました。アプリを導入することこの作業の効率を図っている保育園も非常に増えました。大人同士のやり取りはお互いの理解協力が必要なので、導入の際はじっくり話し合って決めましょう。

働きやすい保育園についてさらに詳しく知りたいという方は下記記事をご覧ください。

あわせて読みたい
知らないとマズい働きやすい保育園の条件とは?働きやすい保育園の探し方まで徹底解説 保育士として働くうえで働く環境はとても大切です。保育士の働きやすい環境とはどんなものでしょうか。そこで本記事では、保育士にとって働きやすい条件と、働きやすい...

保育士が残業をしないためにできること

保育士が残業しないためには、日常の業務をできる限り効率よく進めることが必要です。そのためには日々自分たちが何を行っているのかきちんと把握をすることが大切です。ここからは、保育士が残業をしないためにできることを説明していきます。できることから少しずつ進めていきましょう。

日常業務をみえるようにする

日常業務で行うことを常に見えるようにすることは残業をしないために行う第一歩です。普段時間に追われている自分が何をしているのかを客観視して、その中で今できることを少しずつ行っていきましょう。

例えば、毎日の事務作業や、子どもの連絡帳の記入など、自分の業務を見えるようにしましょう。この時は流れ作業にならないように毎日の意識が大切です。マンネリ化しやすい作業ですが、可視化しないことで抜け落ちてしまうこともあるので、気をつけましょう。

優先順位をたてて業務に取り組む

次に行うことは目に見えている日常業務のなかで優先順位をたてることが必要です。業務を可視化した上で、重要なものや期限が迫っているもの、業務に他の人が絡むものを優先しましょう。

保護者とのやり取りなどはその最もわかりやすい例かもしれません。保護者とのやりとりは自分側で貯めていると保護者の時間を奪うこともあるので、最優先で終わらせるようにしましょう。できることを一歩ずつ行っていくことが重要です。

作業時間をしっかりと決める

残業をしないためには一つの作業にかける時間を限りなく制限することです。

例えば、30分で終わると時間を制限し、その中で集中して作業を行うようにしましょう。すべての作業で時間を意識して行うことで隙間時間を確保することができるようになってきます。

だらだらと作業を続けているといつまでも終わらないことが多いです。自分の行っている作業を見直すことも残業時間を減らすことができる一つの要素となります。

【まとめ】残業の少ない保育士を目指していこう

残業の少ない保育士を目指すことは可能です。毎日の行っている作業の可視化するだけでなく、時間の制限を決めたり、インターネットを活用してもともとある素材を活用することも保育士の残業効率化につながります。

今ある保育士の置かれている環境は、ちょっとしたことから見直しを図ることができます。働きやすい職場というものは一つ一つの行動で生み出せるものなので、ぜひ行動してみてください。

転職相談をしてみたいと思った方はこちらのLINEからぜひご相談ください。保育のカタチ運営サポーターがまずはご相談に乗らさせていただきます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

皆さまこんにちは、保育のカタチ運営チームです。こちらの知恵袋では保育や転職にまつわるお役立ち情報を配信します。皆さまのお役に立てるようコツコツと頑張ります!

コンサルタントに相談したい方はこちら

どのようなことでも大丈夫です。
まずはお話を聞かせていただきますので、
お気軽にご相談ください。

06-6210-5326 受付時間:平日9:00-18:00